レセコンアプリ spotlog

施術記録をつけるだけで訪問鍼灸・マッサージのレセプト作成ができる、レセコンアプリ 「スポットログ」
MENU

コラム

申請に必要な書類

療養費の申請には、「療養費支給申請書」をはじめとした書類一式が必要となります。

・療養費支給申請書
・同意書、診断書
・往療内訳表
・総括表
・施術報告書
・1年以上月16 回以上施術継続理由

 

1. 療養費支給申請書

患者ごと請求金額と施術内容を記載します。

毎月、患者から署名・押印をもらう必要があります。

マッサージ

 鍼灸

※暦月を単位として作成します。  

 

2. 往療内訳表

移動距離に応じた往療料を計算する為に必要な書類です。
拠点から訪問先の住所などを記載して添付します。

 

3. 同意書

初回同意や再同意の場合、同意書を添付します。

同意書の有効期限内の申請については、添付しなくてもよいことになっている。

同意書又は診断書は、療養費支給申請の都度これを添付することを原則としているが、第5章1の療養費の支給が可能とされる期間(以下「一の同意書、診断書により支給可能な期間」という。)内における2回目以降の請求にあっては、その添付を省略して差し支えないこと。

 

4. 総括表

保険者ごとに、件数や料金の合計を一枚の書類に記載する必要があります。

 

編纂方法

国保連など、複数の保険者の請求を扱う機関では、並べ方も厳格に定めています。 まず、患者ごとに、療養費支給申請書と添付書類のセットを作ります。

 

次に、保険者ごとに、患者のセットを並べ、集計表を先頭に重ねます。(保険者によっては、施術者ごとに分類する場合もあります)

 

例)愛知県国民健康保険団体連合会

引用)愛知県国民健康保険団体連合会「編綴方法等」

Page top